×

CATEGORY

HOME»  チャクラとは

チャクラとは

 

チャクラと身体の関係

 

チャクラとは、
サンスクリット語で「車輪」を意味し、
お尻にある尾骨から頭にかけて、

脊柱(背骨)に沿って
位置しているエネルギーセンターです。


このエネルギーセンターには、

 

  • 基盤と生存本能
  • 生命力や情緒
  • 意思や主権
  • 愛を与え受け取る能力
  • 創造的表現
  • スピリチュアルな気づき
  • 霊性

 

が含まれています。

チャクラは、
外界から良好な「気」を取り入れたり、
悪い「気」を出したりするとともに、

体内でエネルギーの流れを
コントロールしています。


第一~第七までのチャクラは、
体内では気を通じて、

対応する身体の各組織・器官の機能を高めたり、
正常に保つはたらきをしています。

 

 

 

チャクラを通して出入りするエネルギーのことを

「気」

あるいは

「プラーナ」

といいます。

 

「気」は私たちの全身を流れていますが、
気が滞ったり、
悪い気が体内に浸透したりすると、
健康を損ねてしまいます。

病気に対して、
「ツボ」(経穴)を刺激することにより

「気」の流れを良くして
「自己回復力」を高め、


自然治癒をはかるのが、
東洋医学の基本的な考え方ですが、

この

「ツボ」

もチャクラと同じ

「気」

のポイントで、
広い意味での「チャクラ」と考えても
差しつかえありません。

今では、西洋医学でもこうした治療法を
取り入れるところが増えてきています。



このように、

チャクラは「気」を取り入れ、
体内を「気」が正常に流れるために、
とても重要な役割を果たしています。



しかし、チャクラが開いて
「気」を取り入れやすくなっても、
身の回りに良好な「気」がなく、

マイナスエネルギーに囲まれた環境では、
効果が出ません。


現代社会は、自然破壊や汚染、
加工食品、電磁波など、
マイナスエネルギーに満ちています。


できる限りマイナスエネルギーを除去し、
良好な「気」を自分に取り入れるような
環境をつくることが必要です。

 

 

通常、心身の状態が健康なとき、
精神的にリラックスしているとき、

瞑想しているときなどは、
程度の差はありますが、
対応するチャクラが開いています。



逆に、チャクラが閉じてしまうと、
良好な気を取り込めず、

悪い気をため、
体内での気の流れが悪くなって、

身体全体のバランスが崩れ、
心身の不調をきたしたり、
不運を招きやすくなります。


病気のとき、疲労、
ストレスがたまっているような時には、

チャクラはほとんど閉じてしまっています。

 


このため、
私たちはつねにチャクラをできるだけ開いて、
良好な気を取り込んでマイナス

エネルギーを体外に出し、
体内のエネルギーの流れを
スムーズにしておく必要があります。

 

 

それぞれのチャクラの意味



第一チャクラ
(ベースチャクラ)




生命力に関連している。
身の危険を感じたときに、
信じられない力を発揮する。
肉体上のどの腺にも属していないが、
第七チャクラと対になっている。

また第八チャクラと協力し合って、
身体の内部秘腺の流れを助ける。

もしこの繋がりが健康的でなかったら、
グラウンディングは難しい。
非常に力強いエネルギーである。


第一チャクラが乱れている原因

生命エネルギーを
シャットダウンしている。
肉体的或いは感情的に傷ついている。
生きる希望や目的をなくし、
自分自身を否定している。
無感情で、不感症。
このチャクラがクローズしていると、
全てのチャクラシステムに問題が出る。




第二チャクラ
(スプリーンチャクラ)




感情と性の中心であり、
男性という性、
女性という性の役割の本質。
また感情を伴った男女間の
性交の中心。


第二チャクラが乱れている原因

何かの原因によって性的、
感情的に心が閉ざされている。
特に男性或いは女性という性に、
こだわっている人々は、
このエネルギーが、
アンバランスになっている。

彼らは冷たく無感情に見えるため、
社会から受け入れられない。
子供のころに怒りや悲しみを
味わってきた人は、
大きくなってから感情的に人と
交わることができず、
断ち切ろうとする。



第三チャクラ
(ソーラープレクサスチャクラ)




思想と知性と霊的免疫システムの中心。
副腎と膵臓に関連している。
危険が迫ったとき、チャクラが熱くなり、
第二・第四チャクラを
保護しながら閉じる。
上層の精神チャクラと
下層の肉体チャクラの情報交換を
支える大切なチャクラ。


第三チャクラが乱れている原因

人生や生きる目的などについて
考える事を止めている。
危険が迫っても自分を保護しようとしない。
胃・腎臓・背中などに、不快感がある。
また、近辺のチャクラが閉じていたり
へんな色だったりする。



第四チャクラ
(ハートチャクラ)




自分や他人を愛する能力と、
同情する心を秘めた、
受容のエネルギーセンター。

エメラルドグリーンの色をしている。
手のチャクラと関連している。

もしこの関係が上手くいっていないと、
人を愛したり結びついたり
あるいは愛を受け取ったりできない。
三つの上層部の精神チャクラと、
三つの下層部の肉体チャクラの
情報交換をスムーズに行う所。


第四チャクラが乱れている原因

裏切り、不信感、自己叱責
そして他人を罰する。
幸福を願わず、愛することも
愛されることも欲しない。
精神と肉体の調整役としてのつとめを
止めたとき、成長も止まる。

その冷たい心は痛みを緩和するよりも
悲劇しかつくらない。
冷たくなった心を再び蘇らせるのは
とても難しい。

愛はどこにでも存在するが、
愛を感じる前に、
愛そのものを信じなければならない。



第五チャクラ
(スロートチャクラ)




このサファイアブルーの第五チャクラは
首の付け根のところにあり、
精神と肉体の伝達を処理する所である。

甲状腺と副甲状腺に関連している。
霊からの情報を現実的、有形的に
表現するところであり、
変化と契約のセンターでもある。

それは自分と神を信じる事によって
なされる。また、透視能力、霊からの声や
メッセージを聞くセンターでもある。



第五チャクラが乱れている原因

このチャクラがクローズしていると、
首や喉に痛みがあったり頭が痛かったりする。
成長、変化することを拒絶し、
他人の意見に耳を傾けず、
コミュニケーションや霊との
コンタクトも止める。

これらは透視に対する恐怖症、
あるいは誰からも命令されたくないという
頑固さからきている。
治療するにも非常に難しい。



第六チャクラ
(サードアイチャクラ)




この藍色のチャクラは、
額の眉と眉の間にある。
脳下垂体と関連している。

透視の中心、あるいはエネルギーの
バイブレーションを視覚的に受け取る
センターである。
ここは物事を見分ける力、
冷静に判断する力、
学んで情報を処理し、修正していく力
のセンターでもある。
この第六チャクラは物事をあるがままに
見つめ、希望ではなく
事実に基づいて判断する。


第六チャクラが乱れている理由

上層部からの情報や知恵、
知識を処理し見分ける力が
アンバランスになる。
頭が痛くなったり、集中して物事を
考える事が困難になり不眠症になる。

自分のエネルギー以外の、
外部のエネルギーを取り入れることは
危険である。

それが男女関係にしろ、仕事にしろ、
あなたにとって意味のなさないものは
避けるべきである。
幸せとはあなた自身が、
自分の真実に向き合うときである。



第七チャクラ
(クラウンチャクラ)




チャクラの中でただひとつ
身体の外にあるチャクラ。
故に現実とは繋がっていない。
純粋な精神的エネルギーと情報の中心。

守護霊、天使、あるいは神からの
メッセージを伝えるところ。

魂が肉体に入る前に約束してきた、
この世で実行しなければならない
魂の目的と、現実の世界で生きる
人生の目的を総括したブループリント。


第七チャクラが乱れている原因

霊からのアドバイスを拒絶し、霊界を信じず
神との対話もしない。
特に教養のある人々、ある特定の
宗教を信じている人々、
あるいはカルトメンバーに多い。

五感だけに頼り、
他のチャクラにおいても直感が鈍り、
普通の人、まったくの凡人になる。



 

 

CATEGORY

CONTENTS