×

CATEGORY

HOME»  オーラとは»  オーラ色「藍色」

オーラ色「藍色」

オーラ色「藍色」とは・・・




藍色のオーラを基本にもつ人は、
自分の内に存在する神を通して、
"真実と心理"を求める人です。
内に潜む知識と直観力は、
常に上と通じています。
人に教えられたり指示されなくとも、
何が真実であるかを本能的に知っています。

本人にとって人生とは、神の愛と、
信じられないほどに豊富なエネルギーに
満たされた、果てしない海原のようなものです。
草や花、木々などの自然界と接触することで、
自分が宇宙の創造主と一体であると感じ、
そこに心の平和と安らぎを抱きます。

自然と調和することは、
藍色の人にとって神の愛を受け入れる事であり、
それは人間界においては、
愛を与えることになります。
常に物資世界を通り越して、自然と一体なのです。

藍色のオーラは21世紀の色です。
真実新しい時代の色です。
精神的に非常に高いレベルにあるため、
現代の人々はそのユニークな新しい考え方には
ついていけません。

その考えとは、すなわち時空を超えたものです。
時間と距離と空間は常に一つのものであって
分離していないのです。

また、藍色にとっては男女の区別もなく、
両性共にふたつであってひとつです。
ゆえに、自身が男女両性の性格を持ちます。

このように、藍色は現実の世界を宇宙的感覚で
捉えており、人間がなぜお互いを傷つけあい、
この地球を悪くしているのかが理解できません。

藍色のオーラは他のオーラにはない
優れた感性を持っています。
体の周りにあるエネルギーばかりでなく、
人の感情及び例の存在ですら
察知する能力を持っています。
内から出る理解力と意識、及び気づきは、
天性の知性と融合し、
「人類は神と共にあって我々は
神聖なる存在である」という真理を
本能的に知っています。

一方で、エネルギーが不足すると
現実の社会から逃秘するようになります。
自分の周りに壁を作り、友達すら寄せ付けません。
混乱し、保守的になって、
固くその心を閉ざしてしまいます。

藍色には、人間がなぜこれほど残酷で、
暴力的なのかが理解できません。
結果、人間不信と自己破壊の状態に陥り、
現実から逃避してアル中やドラッグづけになりやすのです。

藍色は、全ての力を集中して瞑想を行い、
内なる神と常に一緒であることを
再確認する必要があります。
そして、全ての事柄は、
高次元の意識と統一しながら
宇宙の真理に沿って流れていることに
確信を持たなければなりません。

そう感じたときに、
藍色は立ち直ることができます。

 

CATEGORY

CONTENTS