×

CATEGORY

HOME»  オーラとは»  オーラ色「緑」

オーラ色「緑」

オーラ色「緑」とは・・・




緑のオーラを基本にもつ人は、
肉体と精神の「調和」がとれ、穏やかな性格の人です。
肉体と精神はひとつにつながり、全ての感情や
思考は肉体を通して表現されます。

言葉はストレートで、感じたことを隠したり、
心の底に押し込めたり、表面を飾ったりはしません。
"肉体と精神の調和"あるいは"肉体と自然との融合"
を通して、日々の生活をエンジョイできる人です。

緑にとって、動物や自然界との繋がりは
なくてはならないものです。
また、庭いじりや土いじりを通して、自分の肉体が
自然と融合し、"生きている"と言う満足を強く感じます。

緑は目的意識が強く、
人生において特別な信念を持っています。
計画性に富み、人生とは「こうあるべきだ」
とか「こうだから、こうしなければならない」
という考えのもとに、
自分の設計した人生目標に向かって努力します。
ゆえに、人生とは自分が敷いたレールの上を
自分で操作しながら走っている機関車のように
思っています。

しかし、緑のオーラの人は、
深緑ほどには精魂込めて働きません。
それよりも自然に身を任せ、
誰からも強制されることなく個々に自由に行動します。
そして、自分が少なくとも「ボスである」
と感じながらも、自分自身を自由に表現できる環境に
いなければなりません。

緑はとても話し好きです。
人とのコミュニケーションを通して、
人間の関係のつながり、愛、理解を深めることを
求め、精神世界へとつながっています。
豊富な知識と知的センスはあらゆる分野を
話題として取り上げられるため、先生とか
心のセラピスト、治療家に向いています。

しかし、エネルギーが不足すると人生目標を失い、
それまで唱えてきた"成長と変化"も重荷になってきます。
全てが色あせて見え、人生そのものが無意味になります。
いつまでもダラダラと何もせずに部屋に閉じこもり、
無気力、無責任になります。
困難な問題に直面することを恐れ、
愛を受け入れ、与えることすら苦痛になります。

緑のオーラを持つ人は、肉体と精神の
バランスがとれるように、自然と再び融合し、
自分が人生で何を欲しているのか、
生きる目標は何だったかを思い出さなければなりません。
そうすることによって、再び立ち直る事ができます。

 

CATEGORY

CONTENTS